日雇い派遣禁止について~派遣会社の本来の使命~

 

久しぶりのブログ更新です。。

今月から、派遣法が改正されてその対応に追われたり、組織改編があったりと、ブログに時間を費やすことができませんでした。
今後は、ブログにも力を入れていきたいと思います。

さて、派遣法が改正されて、様々変わった部分があるんですが、特に、クローズアップされているのは「日雇い派遣の禁止」かと思います。
厳密な説明ですと、原則、「30日以内の労働契約の禁止」です。
「ちょっとお小遣い稼ぎに週末働きたい」、「転職活動の資金源にしたい」、「夏休みの短期間で仕事がしたい」という派遣の働き方は、原則、できなくなりました。
派遣会社の立場の人間だから言うのではなく、心底、今回の改正は、誰のためなんだ?と思います。

まず、日雇い派遣禁止の背景は、様々ありますが、リーマンショックの影響による製造業を中心とする「雇い止め」が大きいです。
景気が悪くなると、まず、派遣が「首を切られる」。
期間を定めて働いているので、「不安定」。
正社員と同じ仕事をしているのに、「都合良く使われている」。
などなど、マスコミが加熱し、「派遣=悪」みたいなイメージがつくられ、衆議院選挙において「派遣を禁止にしていきましょう」といプロパガンダが横行していったように思います。
詳しくは「派遣がブラックになってしまった理由~真実を見極める眼・耳を養う~」を参照してください。

しかし、実際、短期間で働きたいという人が厳然とおりますし、派遣先においても、繁忙期の短期間だけ人が大量に必要という事実は何も変わっておりません。
日雇い派遣で働く人はそもそも長期間での就業を望んでいないという方と、目先でどうしてもお金が必要だから、日払い・週払いしている派遣会社でスポットで働こうという方が多いです。
日雇い派遣の例外規定(日雇い派遣で働ける人)として、副業で働く人、主たる生計者(世帯の稼ぎ頭)でない人というのがありますが、これが年収500万以上。
メインの仕事が500万以上、世帯で500万以上の収入がある人がそもそも、日雇い派遣で働く必要はあまりないでしょう。

今回の派遣改正は、リーマンショックを発端とする景気の悪化という問題から、派遣という雇用スタイルが着目され、事の本質がずれた議論が取り交わされ、制定されてしまったように感じます。
むしろ、景気復調の兆しが出てきている今だからこそ、「正社員では現在、雇えない」「期間限定で人を使いたい」というニーズを派遣というサービスで、期間限定で働きたい人をマッチングし、会社の発展、日本経済に寄与することが派遣会社の本来の使命ではないでしょうか。

2012/10/17 イー・エス・エージェンシー 椎名

関連記事

お問い合わせ

TEL: 04-7168-3116 FAX 04-7168-7220

住所:千葉県柏市東上町2-28 第2水戸屋ビル 2F
営業時間 9:00から18:00
定休日 土曜・日曜。祝日

オススメのお仕事

  1. 【日払◎】短期就業OK♪未経験の方でも安心研修★働きやすさで選ぶ! \今ダケ!New Staf…
  2. 【未経験◎】長期安定で働ける人気の事務職!しっかり土日休み★ 「高時給で効率的に稼ぎたい」 …
  3. 【日払OK】未経験歓迎の簡単倉庫内作業!車・バイク通勤OK♪ 「未経験OKの簡単な仕事を始めた…
  4. 《日払》自己申告制シフトでプライベート優先!短期だって長期だってOK♪ ★休憩室完備★ 「生…

今週のピックアップ

  1. 13:00~お仕事開始で朝はゆっくりできます★髪型・服装自由! 「コツコツもくもくと働きたい」…
  2. ≪未経験歓迎≫髪型・服装自由!自己申告シフトでプライベート優先♪ 「未経験OKの職場で簡単作業…
  3. ≪日払◎≫経験を活かして稼ぐ♪髪型・服装自由♪残業なし! 「働くならば高時給」 「土日はしっ…
  4. 人気の事務♪プライベート両立派におススメ!残業は少なめ×土日祝休み★ 「事務職キャリアを活かし…
  5. 原則土日祝休み♪髪型・服装自由で働きやすい★経験活かして稼ぐ! 「高時給で働きたい」 「車・…
  6. 契約社員→正社員へとステップアップも可能♪できたばかりの施設で快適作業☆ 「直接雇用で活躍した…
ページ上部へ戻る